緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2006年絶対お勧め本
2006年はおのれを深く知る必要に迫られた。別に難しいことではない。「自分は何が好きで、何ができて、何をするべきなのか」こういう青臭いことを改めて考える必要があったということだ。本来ならばそれは就職の前に棚卸すべきだろう。しかし、不器用なぼくはそれができなかった。止む無く、「進みながら考える」という手法を取らざるを得ず、その結果が出ないものだから常に何かに追われたかのように動き続けてしまう。

本というものは、いつ読むか、どのような状態のときに読むかで印象は全く変わってきてしまう。読書ノートを見る限り、12月28日時点で194冊読んでいる。これでも同世代のトップランナーと比すれば10分の1にも満たないだろう。その限られた範囲の中でどうしてもぼくが感慨深くならざるを得なかった奇跡をくれた本に何冊か出合えた。

愛は脳を活性化する

正直、初見時にオカルトまがいかと感じてしまった本書はまぎれもない傑作。夢を見る、そして夢を達成した自分を確信する--これほど青臭いことの有益さを真剣に諭してくれる。その真摯さは清々しく、そして愉しい。
いつかしら人間は夢を語ることを忘れる。まるで、それが封印すべき過去かのように。しかし、どこまでも夢、そして全身に支えられた愛によって人間は生きる活力と若さを保ってゆく。

そんな「正論」をぼくたちにつきつける。ここで語られた内容は、すぐに捨てて明日からの仕事にとりかかるべきだろうか。それとも、その青さを逆手にとって生きる糧にするべきか。もちろん答えはあなたが決めてゆくものだ。


リプレイ

では、その「夢」とはどのように思い浮かべるものか。その夢を自己の夢たらんとするとき、そこには偶発性がないか。たまたまあなたが全身をかけるべきと信じざるを得なかった過程には、多くの出来事や多くの人たちとの出会いがある。
その偶発性も、まさに奇跡と呼べるものではないか。時代を変わりつつ、偶然が起きなかったとして、それでも変わらないおのれは存在するのか。なぜか人生を何度も繰り返してしまう主人公が見たのは、変わりゆく恋人であり、変わりゆく社会だった。

最後のラストには涙してしまう。その偶然性が生み出す奇跡は、どんなに悲劇であれ幸福な物語であれ平等に「ただあなたの前にある」。再び生まれても、あなたは同じ人生を同じく讃えることができるだろうか。


カリスマ

それでは究極的に、生きてきたという事実はどのように評価すべきか。どあほうに、ろくでなし。有象無象が錯綜するこの世の中において、あなたはいかにして自分が生きるべき価値を感じられるだろうか。そもそも、価値などあるのだろうか。
この「カリスマ」は現代日本人に突きつけられた最大の苦悩小説である。これまで信じてきたものが一瞬で崩れてしまうと分かっていたら、それまで人間は生きることができるだろうか。愛を創り出す友人や恋人が次の瞬間に変化し、あなたの前を去ってしまったら生きる価値などどこに見出せるのだろうか。

いや、それでもなお、人間は生きていかねばならない。この小説は、救いようのない底辺の人間たちを通じて、逆説的にそう語りかけている。畜生に身を蝕まれた後でも、少なくとも自意識だけは残っている。それが守るべき価値があるかなど究極的に分かるものはいない。しかし、そのくせに生きてゆくのが人間なのだ。

自分というものの結論が出たら、それは違う、ともう一人の自分がいう。当然だ。結論などというものが出る、と言うこと自体、複雑で崇高な人生というものへの冒涜なのである。まさにその問いは禅問答のように繰り返し繰り返し頭の中を高速で回るだけである。色即是空、空即是色、という自己矛盾した言葉の意味が少し分かった気がした2006年。
[PR]
by fastska | 2006-12-29 11:00 | 青春記・旅・思想
大竹伸朗アート展<全景>東京都現代美術館~現代芸術批判論
前衛芸術家の大竹伸朗の個展<全景>に行ってきた。

かつて、「パズルパンクス」という愚にもつかぬ(ホメ言葉)バンドでぼくの前に現れたこの過激なおっさんの半生記を見せつけるあまりにも圧倒的な個展であった。

美術館を埋め尽くすゴミの山。散乱したゴミに被せられる叫びとノイズ。これはなんという芸術なのだろうか。巧妙な描写があると思えば、次の瞬間には抽象的なユニセックスが広がっている。漫画になったかと思えば、次の瞬間には無意味なオブジェクトが転がっている。

これが一人の過剰な芸術家の奇跡とも呼ぶべき人生か、と思ったぼくはただただ驚くばかりであった。

思えば、最近の現代前衛芸術展でこれほどまでの衝撃を受けたことはない。このごろの作品は、空疎で皮相的なアニメを過剰に演出するか、あるいは必要以上にエロティシズムを前面に出した裸体が転がっているだけなのだ。何もない日本、というところに逆輸入的に評価の上がったオタク文化をことさらに持ち上げるだけの腐った評論家たち--。

大竹伸朗の仕事とは、まさにそのような世界とは真逆に位置していた。単純に面白い、と言って手放しで賛同させるだけではない。そこには見る者を圧倒し、見る者のこれまでの生き様に対して「俺はここまでやってきた。お前はどうだ?」と脅しをかけるかのような緊張感が大竹伸朗の作品にはある。

ぼくは大竹伸朗がEYEと作ったCD「パイプ ライン」を聞きながら、芸術が真摯に過激だったほんの10年ほど前のことを思い出している。

腐ったのは現代芸術か、ぼくの感受性か。
[PR]
by fastska | 2006-12-27 22:36 | 青春記・旅・思想
郵政造反組11人の復党批判への批判
よく分からないのである。何がか。郵政造反組の復党について批判的な人たちについて、だ。
なぜ、復党することが批判に値するのか全く分からない。それに、国民が支持率を下げることももっと分からない。

野田聖子さんらは郵政民営化支持などを盛り込んだ誓約書を提出し、安倍晋三首相も認めている。それが?何が悪いのか分からんのである。

そもそも郵政民営化のお題目は国民に熱狂して迎えられた(しかも、ほとんどの人がよく分かっていないまま。しかも、小泉政権がどう郵政改革に頓挫していったかもほとんどの人は理解していない。このことは、「国民に分からないレベルの難解な悪事は非難を免れる」という興味深い示唆をくれる。が、ここではそれは論旨ではない)。その郵政民営化に賛成する人が増えたわけでしょう。なぜ、「改革が進んだ」という評価ではないのか?なぜ「改革が後退した」と?What?
ある人は「政治家に一貫性がない」と言った。一貫性がないからよいのである。未だに戦中軍部の思想を持っている政治家がいたら危なすぎる。結局は、「長い期間をかけて思想が変わるのは許すが、短いスパンだと許されぬ」という曖昧な評価か。では、10年で思想が変わるのはどうか?20年は許されるのか?その根拠は何か?

一貫性がない、というのは素晴らしい技術でもある。あのスチュワートミルでさえ、「政治家は、当選するためには地元民を欺いてでも票を集め、当選後は国全体を考え行動せよ」と言った。政治家の思想とはそもそも選挙対策であって、それ以上ではない。そのことは、政治家の本がどれを見てもシンクタンクの受け売りであることからも明らかではないか。

たかが復党くらいで騒ぐ気が知れぬ。もう国際社会は、日本レス体制を構築しつつある。北朝鮮の核実験は、日本など眼中になく、ひたすら米ドル凍結解除のために行われた。それを日本を挑発するため、とした評論家は恥かしくはないのか。

国内の茶番に付き合う暇があったら、国際問題に目をやれ、と言いたい。
[PR]
by fastska | 2006-12-20 18:31
映画「プラダを着た悪魔」~甘え若者を批判する
映画「プラダを着た悪魔」は愉しい。今年の劇場映画の83本目だったが、ベスト5に推しても良いね。

厳しすぎるオバさんの女性編集長と、ただただ愚直に頑張る女性の若手。

どこにでもありそうなこの構図に光を当てているのは
①清々しいほどの努力する女性の姿
②若手が田舎っぽい女から奇麗な女性に昇華している
ことだと思う。

おそらく女性の仕事への不満の8.5割は、自己評価の高すぎと努力の怠りにあるのだが(言い過ぎかもしれない)、①に見られる清々しさは現代にあって非常に稀有に映る。

そしてもっと重要なことに、この主人公が美しく変貌したことにこの物語の重要性はある。これが野暮ったい女のままだったら絶対に成り立たないのだ。

という意味で、美貌の良くない女性にはどうしても退場願わなければいけない。とはいえ、女性の8割は自分のことを「まずまず」と思っているが。こう書けば殺されるだろう。

ぜひ、気になる男性を一緒に連れて観てみてほしい。
[PR]
by fastska | 2006-12-14 22:57 | 映画エイガえいが
ビジネス新定義集~従来用語を批判する
==「仕事ができる(しごとができる)」==

ビジネスマンにおける「仕事ができる」とは、「論理性」と「論理なき事象であっても周囲を納得させる能力」を兼ね備えていることである。
論理なき説明は身を滅ぼし、論理のみの説明は人間味を喪失する。もう一つ付け加えるならば、筆頭は「事務処理の速さ」である。


==「交渉(こうしょう)」==

当初に条件を明確化しておけばよかったところを曖昧なまま進めたため生じた乖離に対する後始末のこと。また、その対策。
取引したくない企業や相手とは取引しなければよいだけなのに、どうしてもそこ取引せざるをえないため、理屈外の領域で相手を了解させる必要が生じる。
これほどコミュニケーションツールが発達した現在であっても、対面する交渉を第一に考える人も多い。ときとして対面する交渉は有効であるが、何事でも何時でも対面を第一と考えることは、単にJRを儲けさせているだけである。
[PR]
by fastska | 2006-12-06 22:59 | 青春記・旅・思想
感動的なある結婚式のスピーチ~慣例論を批判する
 「20代社会人としてはまだまだですが」というコトバを誰かが言ってた。だけど、結婚という第二の社会への出発式を済ませる人たちがぼくの周りに増えてきた。この前の結婚式のスピーチは非常に面白かったので紹介させていただく。

「では最後に、新郎のスピーチで終わりたいと思います」

(拍手が響く。新郎は酒で顔が赤い)

「皆さん、えーっと。○○です。本日はですねー、なんといいますか、このような私たちの門出を祝っていただきありがとうございます。非常にですね、素晴らしい場となりましたのもですね、皆様のお陰です」

「色々ご迷惑ばかりおかけする私ですが、今後とも温かい目で見守ってください。彼女とはもう長い付き合いで、何から何まで知っているつもりでいますが、一緒に生活することで何か、またですね、新しい発見があって、その驚きが二人に幸せと刺激をお互いに出し合えるんじゃないかな、なんて思っています」

「お前なんかが、彼女を幸せにできるのか、なんてですね(笑)、意地悪な質問もされましたけれど、大丈夫です。私だけでも幸せになりますから(笑)」

「ただ一つですね、謝らないといけません。さきほど、私のですね、略歴を紹介いただきましたけれども、実は私は○○高校は中退しております。大検で、ですね、大学を受験いたしました。しかも、ですね、実は同志社大学ではないく、○○大学という、なんといいますか機械を専攻するような、そんな大学でした」

「さらに、ですね。実は当時私は重大な病を患っておりまして、ですね。それは『貧乏病』です(笑)」(会場誰も笑わず)

「かなりの重体でありまして、当時女性に借りてはパックれるという風な、ですね、ことを、ですねやっておりました(笑)」(会場誰も笑わず)

「まぁ、そういう風な生活も続かず、バイトを始めまして。飲食店で働き始めました。焼肉屋ですね。食事もできますから、当時の私にとっては絶好のバイトだったわけです。そこで、○○さんと出会った、とそういうことでございます」

「当時の彼女はですね、今より痩せていて。えーっと冗談です。じゃなくて今よりだいぶ気の利く女性で、いや冗談です。まぁとりあえずいつも私を助けてくれました。お客さんにも必ず笑顔なんですね」

「そこで私はいつも助けてくれている彼女に何ができるのか、と考えました。そこで熟考を重ねた結果、ですね、こういうことに思い当たりました。『そんなに考えなくても私には大きな肉棒』があるではないか、と。焼肉屋のバイトは無駄ではなかったのでございます」

「そのお礼を実施すると、彼女は頭の中が真っ白な恍惚に包まれ、全身が激しく痙攣し、最初のうちは押し殺していた叫び声が、絶頂の喘ぎとなり狭い空間に突き抜けていったのです」

「まぁ、そういうことでいかに二人が仲良いか、が分かっていただけたと思います。ふつつかな二人では御座いますが、今後ともですね、ご指導の程、繰り返し、よろしくお願い申し上げます。本日は本当にありがとうございました。」

(新郎側大きな拍手、新婦側一部のオヤジのみ笑う)

 ちなみに、彼はその大学も中退後、レジ機の営業として某社に入社以来トップの座を守りつづけている。入社数年の人がその会社のMVPを取ることは始めてである、とのことだ。
[PR]
by fastska | 2006-12-01 23:35 | 青春記・旅・思想