緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
もう「私には彼氏しか要らない!」女性たちへ
 なぜあんなに不要だと思っていた彼氏が必要になるときがあるのでしょうか?

 あんな男なんて、と思って別れた女性が、ときに全ての男性についても「要らない」と思った数ヵ月後に、なぜ違う男性に惹かれていたりするのでしょうか?

 彼女たちは皆気づきだしているのです。

 「ああ、やっぱり身近に居てくれる男性(ひと)がほしい!」

 ところで、以前、映画「ブレードランナー」を見たときに、こういう示唆的なコトバを発する登場人物がいました。

 「記憶さえ埋め込めばアンドロイドは人間になる」

 独我論から実存主義から、色々な哲学流派がこの「記憶」という問題を論じてきました。

 批判する流派もいますが、本質的ではなく「あくまで感情的には」この記憶という側面は非常に大きいのではないでしょうか?

 もし曲解してもいいのであれば、こう言いたい。

 「人はいつも記憶を共有してくれる人をそばに置きたい」

 女性はきっと、「あのときあんなに楽しかったね」と、隣の男性(ひと)に語りかけたいときがきっとくるのだと思います。「あのころの思い出」と「楽しげな記憶」。こういうものを再確認するために、それをリアルに共有した、あの男性(ひと)が必要になってくる。

 ねぇ、そのときぼくらは共有のための道具として使われるのかな。
 ねぇ、そのときぼくらは共有の道具以上の価値をあの女性(ひと)に提供できるかな。
[PR]
by fastska | 2005-11-30 23:40 | 性セイせい
もう彼氏なんて要らない!女性たちへ
 なんであんなに男性って弱々しいのでしょうか?

 女々しすぎる。とそこまで言った女性も知っています。

 おそらく今多くの女性が気づき始めています。もう彼氏なんていらないことを。

 束縛と嫉妬。そして無意味な攻勢。こんなのに女性はもうウンザリしている。

 好きなときに会えて、SEXして、デートできて奢ってもらえる。そんな関係って最高じゃない?そしたら縛られることもなくなる。

 なんてことを、心の中で実は気づいてる。だけど、大声じゃいえないので、「それは間違っている」と自己に思わせる試みをずっと続けなきゃいけない。

 しかも仕事だって、あの面倒な「家庭」というものがなければ継続できる。社会とのつながりが持続できる。

 そうしたら男性の役割はなんだろうか?彼氏という存在であり続けないといけない、夫という存在であり続けないといけない。この存在価値はなんだろうか?

 女性はどんどん世の中の面白さに気づいている。

 ねぇ、そのときぼくらは何をしようか?
 ねぇ、そのとき女性たちはもっと輝きだすのかな?
[PR]
by fastska | 2005-11-27 20:24 | 性セイせい
さらば!耽美!
a0022864_21185482.jpg 「あのさぁ、この前ね」なんて感じで、彼女は話し出すのだった。

「彼とね、遊んでると、そうなの、彼のお父さんを紹介するって言われて」なんて感じで話続ける外国人の彼氏を持つ30過ぎなのだった。

「会ってみると、もう、なんていうのかしら、いかにもってかんじなの。いきなり『ファミリーの一員だ』って感じのね。あの馴れ馴れしさっていうか、あの恥かしげのなさってのは、すごく新鮮だったの」

 よくよく思うのだが、あの外国人(欧米系が多い)の馴れ馴れしさは、寂しさの裏返しではないかということだ。耽美はもう消えているのだ。ありのままの感情表現。

 最近、外国人のビジネスマンと話して、酔っ払うといつも家族の写真を見せるやつがいる。「そんなの見たくねぇよ」って心の中では思っているのだが、聞いてやると相当な自慢を繰り出してくる。

 寂しいのだ。

 愛情を欲する総量はどの人種も同じではないか---と仮説を立ててみる。日本人は、いままで温かな共同体としての会社があった。どこまでいっても支えてくれる会社という存在は日本人の心情的基礎になっていたのではなかったか。
 
 そして、欧米の実力主義による個人への疎外感はいつかしら、会社という温かい共同体を冷たい個の連帯へと昇華(あえてここでは昇華、という)させていったのではないたか。

 だから、欧米人ビジネスマンの家族への傾斜は、単に会社共同体からの逃避であり、しかもそれは当然の成り行きだった。

 愛情を欲する総量はどの人種も同じではないか。では、現在の日本の向かう先は見えているだろう。富士通の例を見るまでもなく、公務員という最後の砦の人員整理を見るまでもなく、日本という国は欧米流にシフトしている---ということは、まもなく家族への回帰が叫ばれるだろう。

 そしてぼくらは家族ブームを見るだろう。家族を大切にする「How To」が売られるだろう。ぼくらは、世界が終わるときにも、そっと家族へケーキを買って帰るだろう。
[PR]
by fastska | 2005-11-23 21:33 | 性セイせい
子供っぽさで魅力をつけたい私
子供のころ、「ドラえもん」と「きまぐれオレンジロード」とその他マンガを毎日同じ本屋で買ったら、本屋のおじさんが光るしおりをくれました。すると当時の小学生のぼくの家のスペースは、本だけで埋まり、高さ2メートル四方もある本が崩れてきたときは死ぬかと思いました。

子供のころ、CDレンタルを続け、友人宅にあるJ-POP(当時はそんな言葉はない)を借りてカセットに落とし続け、カセットが500本を超えたとき、学校のイントロクイズで1位になりました。全然自慢になりませんでした。

子供のころ、プラモデルを作りすぎて、飽き足らず、自分で設計をして、プラモを溶かして新型を作り、それをプラモ好きに売りました。すると先生から怒られました。

大学のころ、本を買いすぎて床が抜けそうになったとき、はじめて大家という大人に真剣に怒られました。それ以降、図書館に朝から通うことにすると、常に大量の本を読んでいると視力が低下しました。

大学のころ、音楽をつくって、どっかに売れる、とわかったぼくは3日間続けて録音作業をやり、気持ちが悪くなり倒れました。すると医者は「採血の中の○○成分が極端に低下している!」と驚き、中央病院に連れて行きました。作曲で儲けた分が全て消えました。


そんな子供っぽい熱中ぶりで、魅力をつけたいと思います。

ダメっすか?
[PR]
by fastska | 2005-11-23 00:24 | 青春記・旅・思想
世界一の成り上がりになってみろ!
「あなたがほしい」


3日前に、また目標ノートに書いた内容が現実となりました。

ぼくは、目標ノートを毎年書いています。

その中にこういうのがありました。

「会社の他の部門から欲される人になる」

3日前の「あなたがほしい」の声の主はアメリカの他事業所のマネージャーでした。

「色々やりとりを見た中で、あなたのような人にきてもらいたい。ここで議事録を取り交わして、あなたが来てくれるように便宜を図りたい」

まさに、目標が現実となった瞬間でした。

ぼくは、「また目標の紙に『達成』と横棒が引ける」と思い、謙虚に「ありがとうございます。ただ、実力がまだまだですので、自信がついたときに是非ともよろしくお願いいたします」と言いました。

心の中ではガッツポーズです。

男は、何かに熱中しなければならない。
男は、他者から文句すら出ないような圧倒的な結果を出さねばならない。
男は、夢を現実しなければならない。

人間は、生きているしるしをどこかに残さねばならない。


上記の会話は英語だったので、英語を理解しない私の上司などは、「?」ってな感じでした。ぼくの中ではまだガッツポーズが続いていました。

ちなみに、自慢ではないのですが、これまで何回かの「ウチにくるか?」というオファーを、断った経験が何度かあります。それは、おそらく、自己への自信のなさもありますが、「もうちょっと待っていただけたら、もっとすごいと思いますよ」という常に期待以上をお渡ししたい気持ちがあるからです。

常に自分を否定して、新たな成長のステージに登ること。これ以上に大切なことなんてあるでしょうか?
[PR]
by fastska | 2005-11-21 01:39 | 青春記・旅・思想
紀宮さまと黒田さん披露宴に思うこと
誰もが思っていて言えないこと。この状況を、ある季節ならば「言論の不自由」といっただろう。ある季節ならば「統制」といっただろう。

紀宮さまと黒田さん披露宴に、自然と思うことを書きたくなってしまう。

・まず、民間への嫁入り(あえて「嫁入り」という)のはずなのに。なぜ、黒田さんは「さん」付けなのに、紀宮さまは「さま」付けなのだろうか。メディアは一斉にそうだった。どうせなら「紀宮様」としたほうが格差が出るのに。

・なぜ、国民へのインタビューは祝辞を述べるものだけなのだろうか。いや、ぼくは別にこの結婚に反対ではなく、むしろ逆。さらに、別にこの結婚にいい気がしない奴らのインタビューを放送してほしいわけじゃない。だけど、このいつもの予定調和の中に組み込まれた天皇家は、逆説的に威厳をなくす方向にしか行かないのではないか。危なく、グロく、しかしそれでいて崇拝すべき対象としての天皇家を復活させたくないのか。あれほどPOPに報じてよいのか。

・「様々なことを学び、黒田家のひとりとして、新しい生活に臨んでまいりたいと思います」と述べた紀宮さまに対して、狂信的なフェミニストは「家庭に入るという古臭い思想を持ったあるまじき女性」とちゃんと批判してくれるのだろうな。それができなければ、やはりラディカルフェミニズムは現実の社会に適応性を持たぬ、非実用的な学問であることが再度明らかになるのだろう。

・黒田さんが、なぜ結婚に踏み切ったか。こういうことをちゃんと心情的に論じることのできる人はいないのか。いや、これは冗談。むしろ、これは文学の世界だろう。この注目を一手に集める、現在最高の色男の私小説を、誰か書け。
[PR]
by fastska | 2005-11-15 23:27 | 青春記・旅・思想
緊急事態! いつしか、死んでしまうぼくらへ
 昨日、はっと「死ぬか」と思った。

 とある大好きなジャーナリスト御大をイベントでお呼びすることになり、企画案やら事前準備をしていた夜のこと。

 一体、どれだけの書類を書いたのだろうか。そして、その他の出席者とメールでやりとりしたり、特別ワークショップをお願いしている人と意見交換したり。 書籍「眞鍋かをりのココだけの話」を読んで、友人と意見交換メールしたり。そこで、集客の力を考えたり。

 どれだけの作業を黙々と繰り返してきただろうか。そして、つくづく、何の使命に燃えて俺はこういうことをやっているのか、と思う。

 そんなときに、パソコンの前でついつい眠ってしまい、頭をぶつけて起きた深夜3時。凍えるほど寒く、すぐに布団に入った。しかし、それでも消えぬ、次回の構想。

 「自分すら幸せにできない男が、女を幸せにできるというのか」というコトバを聞いたことがある。

 では、自己を幸せにして、それを見せ付けることによって自分は何を他者に提供できるのだろうか、そういう試みを今ひたすら続けている。別に、義務じゃない。ただひたすらに、「志」に自ら突き動かされる日々を駆け抜けていくだけだ。

 仕事にはプレッシャーがかかる。しかし、自分が全責任を負わねばならぬ可能性のある活動ならばなおさらだ。だから必死になる。

 嘘か本当か「真剣にやれば、誰でも成功する」というコトバを残してくれた人がいる。幸運にも、上記のイベントの参加登録者は増え続けており、なんとかなりそうな目処は十分にたった。

 もしかしてこれは自分に与えた試練ではないか、とすら今では思う。吐きそうになりながら、眠い目をこすりながら。とりあえず、どこか遠いところに、ぼくは行こう。
[PR]
by fastska | 2005-11-15 23:13 | 青春記・旅・思想
右翼と左翼の臨界点
 渋谷と六本木で、いつものごとく右翼の街宣車を見た。

 ぼくは以外にその出張を聞いているのだが、そのまっとうすぎる主張に呆れてしまうほどの感動を感じることがある。

 否定するが、ぼくは右翼ではない。左翼でもない。そういう思想の対決軸は、そもそもそういうことに興味のある人の中でしか存在し得ないからだ。

 しかし、それでもなお右翼の主張は感動してしまう。それは、その非転向ぶりにあるのだろう、と思う。

 「主張が全然昔と違うじゃないか」と他人を叱責する人がよくいる。

 以前はこう言っていたのに、今じゃぁ逆の主張をしている。こういうことは多くの人にとって、恥ずべきことであり、隠すべきことであり、叱責の対象に映るらしい。

 よく考えれば、戦後の共産党であれ、戦前の朝日新聞であれ、多くの思想団体であれ、大胆なイデオロギーの転向を余儀なくされてきた。

 あれほど極端な戦争賛美を一面で報じていた朝日新聞も、あれほど極端な親朝思想を前面に出していた共産党も、いまではその影すらないのではないか。

 そして、例えば思想家ヒーローの吉本隆明は、デモ隊の横でアンパンを売る大衆を見て、思想のリファインをしていく。多くの学生やインテリはデモで自己の主張を訴える。しかし、大衆はその集まりをしたたかに利用し、アンパンを売って生活を死守していく清々しい姿があった。実は、生活者としての基本と術はこういうところにのみあるのではないだろうか。そう考えた吉本隆明は、インテリ中心の思想体系から、大衆というものにシフトした思想を構築していく。

 さらに、転向論では、獄中に入ってからもずっと自己の主張を曲げなかった共産同士に対しての批判が述べられる。自己の主張を曲げないことで、実は時代に合わせた本来の大衆共済思想に反するのではないか。つまり、転向しないことが最も危険で、本来の理想と最も乖離しているのではないか。そうやって転向自体を推奨していった面がある。

 そして、右翼だけ残った。

 イデオロギーはファッションに似ている。その時代にあっては、最先端でこれが最も洗練されたものだと人々が信じようが、いずれ次のファッションブームがやってくる。特定の時代のファッションに身を包みつづけるのであれば、その人は時代遅れと笑われるか、狂人になってしまうだろう。

 極右思想というファッションに身を包んだ街宣車は、それをファッション(=流行)とはしない。それが生き方である、といいたいがごとく愚直に同じ思想を、同じファッションを繰り返す。このあまりに意固地でどうしようもないところに、ぼくは感動するのである。

 思えば、変らないこと、は人々の憧れではなかったか。

 変るべきことと、変らないこと。その極端な「愛」の形を、いつも右翼はぼくに見せてくれている気がするのである。
[PR]
by fastska | 2005-11-13 19:02 | 青春記・旅・思想
IPOシンドローム
「起業したいんですよね!」

 メディアの報道の通り、たしかに最近このようなことをいう同世代の人たちに出会うことが多くなってきた。

 起業、が最終的なゴールではない、と知りながら。「起業したい」というその目には、何かそのことが現状の不満を打破するものとなり、加えて自分というものを世間に問う手段となるのだ、という確信が映っている。

 いや、別にこのことを否定したいわけじゃない。むしろ、この現状を変えていきたいという願望がなければ人間は堕落していくだけだから。こういう試みは頼もしくもある。

 だけれど、ぼくは最近違和感を感じているのは、次のようなやりとりに表れている。

「なるほど、そりゃいいね。ところで、何の分野で?」
「いや、そこまでは、ちょっと・・・決まってないけど、何か社会的に意義があって・・・」

 とかこういう会話に必ずなっちまうのだ。

 つまり、何かやりたい、ということが最初にくるのではなくて、「起業したい」というのが最初にあるものだから肝心のその中身は発想も検証もされないままになってしまう。

 一番重要なはずのものがすっとばされて、イメージだけがその人を覆ってしまっている。

 内容を少しでも考えている人はいる。だけれど、その中身が既存のものだったり、メディアで流布している内容にちょこっと味付けしただけのものだったら、「それに価値を感じる人はいるかな?」としつこく聞けば答えられない。

 実は、こういうシビアな質問は、こういう人には訊いてはいけない。それは酷というものだ。

 さらに付け加えていえば、イメージ先行の人たちほど、お金の心配と戦略、とかを語りたがる。

 「資金が・・・」とか「集中と選択」なんたらかんたら。こういうことを聞くと、いつも、ああと残念になってしまう。繰り返し、「何かしたいこと」がどこまでも先であるはずで、「起業したい」が先ではなく、なおさらのこと「資金問題と戦略」が先では決してないからだ。
  
 日本の教育の問題は、「『自分のしたいことが世の中の人々にどれくらい価値があるのかを考え、人々に説明するプロセス』を全く教えることができないことだ」と柴田英寿さんは語る。

 加えると、自分のしたいことがあって、それに価値を見出す多くの賛同者がいれば、それだけであとは何もいらない。下らない戦略もいらない。

 その価値を認めてくれれば、賛同者の人たちは自ら協力をしてくれる。そういうことをぼくは体で感じて知っている。

 以前、とある目的をお伝えして、何度か「志」のようなものを語ったとある有名ビジネススクールは15万円の受講料をタダ(!)にしてくれたこともあった。
ぼくがやっているプロフェッショナルバイヤーの集まりでも、「志」に共感いただいた方から一日20万円ほどのレンタル料がかかるコンベンションルームを無償提供いただけるという御好意をいただいた。

 IT関係の方から気に入られ、家に呼ばれ泊まったことも一度や二度ではなく、多くの資料を(もちろん無償で)いただいたこともある。
そしてありがたいことに、「起業するなら、まず俺に言ってよ」とまで言っていただいた方も、数名だけだがいらっしゃる。

 こういうことを感じているぼくだから、難しいカタカナ文字や戦略なんたらはあまり信じていない。そんなことより、自分の価値を他者に提供することが先ではないか。さらにその価値によって他者に驚きと幸せをもたらす方が先じゃないか。そう思うのだ。

 人間はまず、自己の価値を創り上げなければならない。そして、その価値によって他者が驚きを感じてくれ、面白いと思ってくれ、幸せになる。このことが自分自身を、自分のさらなる地点に運んでくれる加速剤となる。そこに結果としての起業があるかもしれない。

 起業の可能性があるとすれば、このような営みの果てであるとしか、もはやぼくは信じることができない。
[PR]
by fastska | 2005-11-13 19:01 | 青春記・旅・思想
SEX~つづき
色々活動をやってきた女性のSEXの話(下の日記)のつづきなんですが、身近な女性のSEXの話をききたくないのに、ぼくが面白がって聞いているのをいいことに、その女性は「あの人ってね、そう、あなたもよく知ってるでしょ?ヘンに自意識過剰なところがあって、どうしても私との関係を秘密にしたいらしいの。だって、自意識過剰だから、私との関係を知られることで、まわりの雰囲気がかわることを気にしてるの。別に、そんなこと(SEX)ふつうなのにねぇ」なんてのたもうわけでして、いや、別に「そんなこと聞きたくねぇよ」って感じなのではありますが、彼女は続けるのでありまして、「そんな1回だけで、別に何かあるわけじゃあないのにね」なんてイマドキ風のコトバを言ったりしてしまうわけで、そんならそれでぼくに言う必要もないんじゃないかと思うのだけれど、女性ってやつは言わなきゃ気がすまないのだろうなぁ、と思っておりまして、女性というものに一段と不思議感をつのらせておりましたが、繰り返し、ぼくとこの女性(ひと)には性的な話は持ち込んでほしくないのでありまして、それはきっとぼくの趣味ではあるのですが、数年来なんらかの成果をお互いに上げてきた関係にはにつかわしくないのでありまして、SEXなんて話をしだすから、ぼくとこの女性(ひと)の間にも男女というものを意識せざるを得なくなったのでありますが、ぼくはあるときあなたのパンティーを不意に見たときも、偶然裸を見たときも何もしなかったのに、自分から何かそういう性的なことを言うこたぁないじゃない?そう思ったのです。
[PR]
by fastska | 2005-11-08 23:39 | 性セイせい