緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
<   2004年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧
安倍なつみがパクってもいいじゃない、という結論のハナシ
 下記引用

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 元「モーニング娘。」のメンバーで人気歌手の安倍なつみさん(23)がフォトエッセー集やラジオ番組などで発表した詩の1部が盗作だったと、30日、所属事務所が発表した。事務所によると、11月下旬、ファンから盗作疑惑を指摘され、本人に確認。その結果、フォトエッセー集「陽光(ひかり)」や写真集「ナッチ」などに収められていた詩と、ラジオ番組で発表していた詩のそれぞれ数編が盗作だった。 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 おお、それならついでに報道してくれ。

 多くの新聞の記事が大本営発表の盗作であることも。多くの曲のコード進行が既存の曲の盗作であることも。

 そしてもしかしたらぼくらは模倣の果てにしか創造しえないのではないか、ということも。報道してほしい。創造力のある、と思われている人がいかに模倣をわからないようにしているか、しかもそれが特殊な才能であることも。

 桑田佳祐せんせいなんか初期の頃はほとんどアメリカロックのパクリだけだ。しかし、それでも素晴らしい。

 この逆説を、誰か語ってくれ。
[PR]
by fastska | 2004-11-30 22:39 | 青春記・旅・思想
さぁ川柳を書こう
 信じられないことに、わたくしの会社では川柳なるものを、社員の笑いの創造のために、ふるって募集にかけるのです。

 最低二首考えろと、係の方はいうものだから、とりあえず次の二首を約10分考えて出した。

①言い訳文 数をこなせば 名文集
②残業費 なければぼくは 残・拒否

 あまりにも下らないが、下らなすぎで受け取った人は笑っていたのが唯一の救いか。

 わたくしは笑わなかった。
[PR]
by fastska | 2004-11-29 23:58 | 青春記・旅・思想
何か、楽しい、ことを、しよう
 いつのまにか時間が過ぎてしまう幸せな空間。寝ていたり、広い高原の中に座っていたり、景色に見とれたり、美味しい食事に心奪われたり。

 そんな楽しいことを、しよう。

 意味なんてなく、やること自体に快楽を覚えてしまう、そんな楽しいことをしよう。

 よく思えば、そんなこと最近あんまりない。常に生産的なことをしようと焦っては、何かを書き綴ったり、どこかに出ては何か得るものはないかと探したり。

 ああ、それだけで満ち足りるような何かをしよう。

 時間を忘れ、伸びやかに、軽やかに。

 思えば、「意味を求めているのは弱者だ、強者は行為そのものに充足する」、といったのはニーチェだった。

 しかし、彼が逆説的に、弱者を考えるがあまり、意味を求めつづけてしまったのは皮肉だ。

 ニーチェの理論から、学歴社会に終わる人生に意味を見出すでなく、援助交際の快楽に浸る女子高生の中に本当の強者を見た者が多かった。

 だけれど、援助交際自体に本当の快楽を得ることのできた女子高生など少数だった。多くはカネさえもらえず泣き寝入りしたり、病気になったりした。

 これが強者だろうか。この程度が強者だったのだろうか。

 もっと、違うことをしよう。

 テレビドラマに泣くことはできなくても、映画に泣くことはできなくても、その帰りになぜか立ち寄った喫茶店で感動的な味のコーヒーを飲み、その奇跡に感動してしまう。そんな楽しい経験をしよう。

 「あー楽しかった」

 最近、何回この言葉を言えましたか。

 同僚と、家族と、恋人と、そして一人で。大きな意味を排除し、そこにいることだけの大きな楽しさを、ぼくらはどれくらい楽しめるだろうか。
[PR]
by fastska | 2004-11-29 22:28 | 青春記・旅・思想
ここ1週間の出来事(人生は哀しき花火か、編)
友人の実家が全焼する。
以前住んでいた人に宛てた手紙が届く。
本を5冊一度に買い、重くて肩が痛くなる。
マイケルムーアのTV「アホでマヌケなアメリカ白人」に笑う。
それにしても原題は「AWFUL TRUTH」。
訳がヒドすぎる。
Megadethの新作は、買わない。
「ささやかなる粗品」をくれるというアンケートの「粗品」はティッシュだった。
人形町で迷う。
近くで入った喫茶店は常連のおじさんが酒臭かった。
渋谷でパチンコに負ける。
鈴木いずみコレクションを買おうか悩む。
旧友からメールが届く。
1月にマッキンゼーの人と面談できることが決定する。
転職面接ではない。
トップコンサルタント職は何かを教えてもらう。
平均年収は2千万だと。
ボリスヴィアンの著作を改めて読む。
外国人にゲーム理論を英語で説明せねばならなかったが、自分の英語能力を超えていた。
それにしてもこの寒さで肩上出している女子高生は何だ。
上野で飲む。
「仕事を増やしてください」と上司に言う。
驚かれる。
永井均の新作を読むと寝てしまう。
厚生年金が高くなった。
東京は目的がないとかくも生き難いところか。
「これね、おいしいーー」ってたかがスターバックスで叫ぶな、高校生カップル。
栃木に戻ってきたら、
寒かった。

もうこの辺で

許して

下さい。
[PR]
by fastska | 2004-11-28 18:28 | ここ最近の出来事
「悪いのは社会ではなく、自分だ」と叫んだ人
 忘れられない言葉に出会うことで、ときに後々の人生に影響を与えることがある。

 高校のとき、受験勉強の合間に見る「朝まで生テレビ」が楽しみだった。そのときのタイトルは「学生対パネラー」かなにかで、猪瀬直樹や田原総一朗や宮崎哲弥が学生たちと討論をかわしていた。

 するとある一人の社会運動家くずれの学生がこう言った。

 「ボクはこのような社会運動をやっていまして、だけれど最近の学生は何も考えていないのか、集会を呼びかけても勉強会に誘っても、誰もこないのです。このような状況は--」

 ここまで話したとき、猪瀬直樹が止めた。そして言い放った。

 「それは単純にキミの運動が魅力ないからだよ」

 高校生ごときにこの言葉の重みがどれだけ分かっていたかは分からない。だけれど、ぼくはそれ以降できるだけ、自分責任論に立脚し生きていくことを意識した。

 職場に不満があれば行動すればいい。やりたい企画があればコネがなくても営業に行けばいい。そして自らが認められなかった、という結果は自分だけの責任で今後の成長の糧とすればいい。

 この話を思い出したのは、ある編集者と話していたときだ。

 「いやー、批判点を納得してくれて、そこからよいものにしていこうという姿勢があってとてもいいですね」と言われ、そのあとその人は付け加えた。「最近さぁ、『なんで俺のすごさがわかんないんだ』ってやけに自意識過剰な人多いんですよ。『だからダメだ』みたいなね。そんなの知るかっていうの。単純に自分に市場価値がないっていうことを自覚できないんだよね。」

 どこまでもクールに、ある意味醒めて自分と社会を見ることができれば、多くの認められない原因が自分にあると分かってくる。

 もちろん社会を変えることは大事だ。だけれど、その相手が会社だったりコミュニティだったり大きな組織だったりすると、その全体を変えない限りその人にとっての解決はありえない。それは現実的でない。

 ウォルフレンが「人間を幸福にしない日本というシステム」で日本社会の矛盾を暴いたとき、それは評論レベルとしての盛り上がりにすぎなかった。その同じ年、青木雄二は「ナニワ金融道カネと非情の法律講座」で、存在するシステムを悪と知りながら個人としての処方箋を鮮やかに描いた。この対比は、今考えても興味深い。もちろん今でも「実用的」なのは青木雄二の著作の方だ。
[PR]
by fastska | 2004-11-28 15:35 | 青春記・旅・思想
女性とお金と~逆転の立場
 世の中では、モノを購入するときこういう。「さぁ、今から競合じゃ。競合で最も最安値のところから購入するのじゃ」と。

 そして見積もりを供給業者が提出するなり、付け加える。「あのねぇ、この仕様も、この仕様も、追加になっちゃうんだーーい。だけど、価格なんてかわらないよねぇ」と、そして「かわったって払わないよ」とも。

 そして重なる資料作成の山、山、山。やっとできたと思ったら、客先での製品どうしの連動チェックにつきあわせ、しまいには試験レポートを要求する。

 極めつけに、最後はこう言う。「支払いは条件悪いが、まぁ長い付き合いじゃから、辛抱しったってぇな」と。お金を頂戴する立場は、かくも厳しいものか、と若者は考え始める。

 しかし、同じ社会には売りと買いの立場を鮮やかに逆転した構図もある。

 男は、女性の食事代を払うために、こういう。「あの、ねぇ今度の土曜の都合どうかなぁ」と。そして、競合(浮気)もせず、「あのねぇ、あそこに新しいレストランができて、行ってみたいんだけれど、どうかなぁ」と。そして食事というベネフィットをお客(女性)に与え支払いもし、さらに車で送ってもいくのに、「あそこの味イマイチだったわねぇ」などとさらっと言われたりする。

 そして最終試験(セックス)のときには、最終対価としての逢瀬をこれほどまでにありがたがりながら、やはり試験費用(ホテル代)は自らが払って、苦情を言われつつ売り手(女性)側の満足度を気にしたりする。

 この逆転は、たいてい女性が30代で独身のままだったりすると、元に戻る。しかしながら、そのまま合コンで知り合った高収入の男性と結婚したりする例もあったりするので、かくも男女の仲とは面白きものなり。
[PR]
by fastska | 2004-11-25 22:19 | 青春記・旅・思想
誰か本当の年収比較表を作れ
 大学の経済学部に属していたとき、最大のテーマは「会社員の給与」だと思っていた。

 日本経済が不況だといっても、学生にリアリティがないのは、仕送りの額がさほど変動しないからだ。

 ぼくは、手書きの郵便物を送らない奴が郵政事業民営化を叫んではならず、ドンキホーテで安物買いをしたことのない奴が経済不況を語ってはならないように、細かな実体験のない人々が大枠で物事を語ろうとすることにいつも反発を覚えてきた。

 したがって、国から安定した給与のみを享受している人間が、消費者物価指数をしたり顔で語ることにいつも偽善を感じてきた。

 今回のプレジデント誌は「大公開!!他人の給料袋」である。これを見ると、マクロでしか語られることのなかった日本サラリーマンの給与減がいかにむなしい分析かがわかる。マクロの変動は減なれど、ミクロでは大きな差がある。

 しかしこの特集で足りないのは、会社の福利厚生分だ。いかに給与が某社より100万高かれど、住宅補助の全く無い会社、食費補助の全く無い会社であれば、その差など一気に解消されてしまう。

 おそらく経済学部の学生が、全国規模で調査すべき内容は、福利厚生分を考慮した本当の「給与差額地図」ではないか。額面の給与だけ見れば判断不可能な、実態としての所得格差が明らかになるはずだ。

 統計行列をこねくり回し、ある指数とある指数の相関を発見ししたり顔で語る学生(ぼくの6年前のことだ!!)に比べていかに地に即した内容であることか!そこで皆はマスコミが額面よりもさらに優遇されていることを知るだろう。そして、電機業界がさほど悪くないことを知るだろう。そして外資系や人材系がなんの補助もない砂漠に立たされているかを知るだろう。

 加えて接待費の自由度から、実際の所得が見えてくるだろう。中小企業の重役が30万円の月給に対して40万円の接待費を使っていることを明らかにすることで、本来の格差社会ニッポンが見えてくるはずだ。
[PR]
by fastska | 2004-11-24 22:00 | 青春記・旅・思想
哀しき人生
 現代の小説にはほとんど読むものがないと断定しているぼくであっても、星新一だけは読む。小説を読む時間は無いが、星新一を読む時間だけはある。もちろん自分に義務として課している本を読まなければいけないわけだから、普通の意味において時間は無い。寝ながら、そして電車の中で、そして仕事の合間のちょっとした時間に読書をする。「よく本を読む時間がそんなにありますねぇ」といってくれる人がいるが、単にぼくは皆がTVを見ている時間やダラダラしている時間を読書に費やしているに過ぎない。今回も星新一の「鍵」を再読した。もう何回読んでいるのか分からない。このショート小説だけは皆に読んでもらいたい。

 ここ最近ちょこっとだけやることが増えている。だけどぼくは強情だから「忙しい」とはいいたくない。普通ならば朝起きて書きかけの駄文を書いて、朝ご飯を作り、図書館に出かけて色々やっている。最近は音楽と雑文と仕事(本業)でたまに目がピクピクするのだが、病気だろうか。

 そして夜になると芋焼酎を飲んで眠る。いや、正確には酔いながら色々なメールを返信する。酔っていないと書けない文章もあるから、少なくともぼくにとっては焼酎はいい方向に作用している。

 起きているときは何かやらないと時間がもったいないので、色々やっているわけだけれど、少し前はもっと自分に課していることが多すぎた。雑文を書き、企画書を書き出版社に送付する。そしてパソコンに向かって音楽のメロディーを打ち続ける。業務に関係する本を読み、コミュニティーに投稿する。映画を年間100本見るために映画館に通う。これは誰にも言わずにやっていた。時々、これも人知れず、会社や駅のトイレで吐いた。そして明るく机に戻り、いつもの仕事を続けた。あの時期はなんだったんだろうと思う。

 よく思えばぼくは、頑張っていたと思う。なんで頑張っていたかって、それは恐かったからだ。自分が何もできない奴と分かることが恐かったのだ。ムキになっていたといってもいい。恐かった。本当に恐かった。「お前なんてたいした奴じゃねぇよ」といわれることが。「お前なんてたいした奴じゃねぇよ」といわれないようにぼくは頑張ってきたんじゃないだろうか。

 ぼくはその少し前、バンドで900人を前に演奏し、同時に適当に書いた雑文が認められどっかの商業誌に載り、ヘンなコミュニティーも主催していた。だけどそんな季節も長く続かず、挫折のままどっかの企業に就職していたのだ。

 自分でもバカげたぐらい、悔しく、失望していた。

 その悔しさはおそらく、反論のできないものだったからだ。お前に何ができるんだよ、今まで単に運が良かっただけだろ。他人の協力があってはじめてできたことばかりだろ、お前の実力じゃない。そう、その通りぼくはなにもできず、同じことを繰り返すこと、多少他人よりもルーチンワークを早くやりこなす能力しか持っていなかったのだ。

 ぼくはそこから、「よーし、じゃぁ人の2倍なんかをやればいつか成功するだろう」と思い、アウトプットを倍にすることばかり考えてきた。天才は、質でなく量で勝負するのだ、と。それはこのブログの文章量にまで引き継がれている。

 ぼくがその過剰な活動から得たものはなんだろうと考えてみる。それはやっぱりロクでもないことばかりであった。何時間かの睡眠で書き上げた企画書を編集者から一言で否定される哀しみ。やっと金になることができたと思えば、たったの○○円だったときの哀しみ。身近に親しい人は数人しかいない。慰めは、たまにメールをくれるこのブログの読者だったり、音楽の試聴者だったりするぐらいだ。 

 星新一の「鍵」の主人公は、真面目に愚直にまっすぐ生きてきた人間だけが開くことのできる極地を教えてくれる。その極地は何だったのか。その男の天国か、あるいは果てに見た天国か。分からないまま、ただ感慨を与えてくれるだけである。

 同じことをして、同じことを見て、同じことを経験して、全く違う感想を持つことが人々の間ではよくある。それこそが奇跡と呼ぶべきものではないだろうか。もちろん、徒労に終わることを知って努力を続けることはむなしい。しかし、何かを求めつづけて歩みつづけるその行為自体はぼくにとって崇高な行為だ。星新一の小説の主人公はときにぼくらにその愚直な素晴らしさを教えてくれる。誰にも認められない、しかし輝かしい生き方も確かに存在するのだ、と。
[PR]
by fastska | 2004-11-22 22:25 | 青春記・旅・思想
ミスキャンパスは電子辞書の夢を見るか
 紀宮さんの婚約について調べたいことがあったので、色々ネットを見ていた。すると、女史の卒業大学である学習院大学のからみでミスキャンパスの写真特集をしている毎日新聞のwebに行き当たった。

 もはや年齢不詳の彼女たちである。しかし、写真と実物は違うのであるので判断はできない。学習院大学も、もちろん様々な学生が居るので、皇室関係から遊び人のねぇちゃんや、美しい方もおられるのだろう。

 だれか、ミスキャンパスの異性交遊の度合いと、選抜される割合との相関を調べてみよ。山本夏彦がかつて「高校球児の多くが応援している女子高生とセックスしている(大意)」と書いたように、そこの相関を誰か明らかにせよ。

 とはいえ、一見はする価値アリ。よって上記のwebにとりあえずいってみること。おそらく期間限定。ぼっと見るだけでも中々面白い。それにしてもこの日本から純粋な黒髪美女とはどこいったんだろうか。

 (尚、ぼくの奥様は某女子大のミスコンで準グランプリであったが、そのことを隠している。珍しく日本女性的に出たがらない女性で、そういうとこに参加したことをどちらかというと恥じている、「健全な」性格であったりする)
[PR]
by fastska | 2004-11-21 20:04 | 性セイせい
ここ1週間の出来事(映画編)
U2のニューアルバムにドキっとする。
読書戦争日記を更新する。
編集者との打ち合わせが入る。
喉を痛める。
芋焼酎ばかり飲む。
喉の痛みから病院に行く。
1週間の薬込みで1800円。
こんなに安ければ、病院に行かないはずはない。
映画「コラテラル」を観る。
面白くない。
DVD通信レンタルでAVを借りる。
ビールを飲むと寒く震える。
パチンコは負けつづけ。
アイロンに失敗しシャツを焦がす。
セブンイレブンのメール便は最高に安く早い。
一体郵便局はいままで何をやっていたのか。
スカパーを一時解約する。
Amazon.Comからまた品物が届かない。
今回は丁寧な英文メールで返信が来た。
映画「めぐり会う時間たち」のメリル・ストリープは、「恋のから騒ぎ」の3列目の陶芸家にしか見えなかった。
いいかげん、電話してきたら留守電に残せ。
以前の職場の方より飲みに誘われるが断る。
職場で怒られる。
会議が、長すぎる。
女子高生の足が太すぎる。
ギョーザはもう飽きた。
忘年会3件決まる。
以前奥様とやりとりしていたメールを発見し、感慨に浸る。
日経新聞から「英字新聞のサンプル送付」があったがサンプルは入っていなかった。

もうこの辺で

許して

下さい。
[PR]
by fastska | 2004-11-21 17:33 | ここ最近の出来事