緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
<   2004年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
クレジットカードと詐欺の臨界点
 最近、「クレジットカードを現金化」という触れ込みで多くの看板が立っているのを目にする。

 クレジットカードを現金化?確かに今まではせいぜいクレジットカードで買ったものを質屋に持って行くくらいしか直接現金に結びつかなかった。

 今回の手法はこうだ。まず金に困った人がやってくる。そしてクレジットカードを持参させ、その場でクレジット払いで図書券を購入させ、その場で再度業者が買い取る。今のクレジットカードは50万円くらいまで購入可能だから、90%で売却できたとしても45万円くらいにはなる。これで来訪者は45万円を手にして帰っていく。

 クレジットカードは未来からの贈り物だ。将来し払わなければいけないお金を前借して現在に使えるようにする。ここで簡単にファイナンスの理論をおさらいしておく。

 ★現在の一万円は将来の一万円よりも価値がある。

 これはインフレ率(利子率)とかの考慮で、発展させるとNPVとかになるんだけれど難しいこといわずにこれを知ってりゃいい。

 クレジットカードで人々は将来のお金を手に入れる。それの何が悪いのか。資本主義は常に金を手に入れるように人々に仕向けてきた。それらの幻想を捨象したのがクレジットカードだ。

 来店して現金化した彼の後を追おう。たいていは15日占めの来月末支払いだから、彼は50万円を払うことになる。もちろん45万円に困っている彼は50万円など支払う余裕もない。むしろもう一枚のカードからもう45万円を捻出している可能性だってある。クレジットカードの会社はまず手紙を出し支払いを催促。次に女性が、次に男性が取り立ての電話をすることになる。クレジットカードの信用関係情報はひとつのデータに集約されるから、彼は次以降どこのクレジット会社もカードを持てなくなるだろう。

 そしてここに打開策を考える人たちがいた。まず一つ目。そんな信頼情報すらも見ずに高利で貸し付ける業者へ向かわせる人たち。その高利を返すために彼はさらに高利のところへ出向くだろう。その循環をもっていったい誰がババを引くかが試される。いずれ彼は東京湾に沈むか、自己破産することになる。

 二つ目、結婚により苗字を変える。これによって彼はまたクレジットカードをつくることができるようになる。そしてまた業者のもとへ図書券を現金化するために走るだろう。養子に入り、人生はリセットされる。これを応用したのが他人との偽装結婚だ。借金まみれになった人々は御たがいに結婚しあい借金を重ねていく。これもいったい誰がババを引くかの一大ゲームだ。

 マルクスは資本主義の末路に非人間的な社会を見た。資本主義の勝者は金に対して「人類の最大の創作物」という。そして本日もまた消費者金融は笑顔でティッシュを配るだろう。これは決して非人間的な行為ではない。金をめぐって繰り広げられる哀しくも壮大なゲームなだけだ。
[PR]
by fastska | 2004-07-29 12:35 | 青春記・旅・思想
女性に人気!!
 この前、女性誌で「理想の男性」についてのアンケート結果で、いつものごとく「優しい」とか「包容力」ってのが上位にきているのを読んだ(ところで包容力ってなんだ?単なるそいつへの無関心ではないのか)。

 その中でも「価値観を押し付けない人」ってのがあってこれはこれはと思ったわけであるのですよ。

  「価値観を押し付けない人」ってすごいなぁ。これはなんでしょうか。あなたはあなた、私は私ってことでせうか。なんだかすごいのであります。

 なんで理想の男性の価値観を共有したくないのかっ!!

 ぼくが女性あれば「価値観を押し付けまくる」人がいいと思うのです。価値観ってその人の育った環境とか親の育て方とかその人そのものであるわけでしょう。それをみすみす見逃すなんて面白くないのであります。

 小林よしのりが「戦争論」で語った「女性は『お前のために死ねる』という男性としか結婚してはいけない」という考えは嫌いではありません。むしろ好きです。

 男性の価値観を引き受けることによってその男性の内部深くに入り込んでいくという、かつての美徳はどこへいってしまったんでありましょうか。

 古いか。

 「世界の中心で、愛をさけぶ」のような赤面してしまうような恋愛モノの男性主人公を「こちら側に引き込む対象として」のみ存在させるならば、それは確かにじぶんだけ「中心」に生きる現代にはふさわしいのかもしれませぬ。
[PR]
by fastska | 2004-07-29 12:03 | 青春記・旅・思想
マイケルムーアはいいが・・・
 「華氏911」でまたしても話題を独り占めしそうなマイケルムーア監督に対して、やれブッシュ批判が強烈だとか、民主党大会に参加したとか、そういうニュースが流れている。

 だけど大手マスコミが流していないひとつの論調として「あいつのドキュメンタリーはドキュメンタリーじゃない」ってのがある。どっかのアメリカ監督や日本では森達也、デイブスペクターなんかが批判している。

 簡単に言うと「批判する主体が決まっていて、そいつが悪者のような証明をするために取材しているだけじゃないか。それに裏を取らない取材が非常に多い」というもの。

 確かに著作「アホでマヌケなアメリカ白人」ではコメディ風なので誤魔化されていたけれど、過去の自身の経験から「白人のみが犯罪をするのだ」と断定したり、隣に座った航空会社社員のコメントのみでそこの給与水準を決め付けていたりと、荒っぽさに遑(いとま)はない。

 しかし、マーシャルマクルハーンの指摘を待つまでもなくすでにメディアに登場する以上なんらかのメッセージはすでに入っているものなのだ。だから、もうその時点でなんらかのバイパスがかかっていると思うべきで、メディアの情報を単純に信じちゃうのはその時点でだめだといわざるを得ない。もうブッシュ政権自体がパロディみたいなものだし、彼の映画も徹底した取材によるジャーナリズム作品と考えるよりはコメディ映画と思ってみるべきだと思うけれどどうだろうか。

 日本の大手マスコミが報じないのも、主体に対してなんらかのバイパスがかけられることなど「当然」と思った次第か。

 (ちなみにこの作者、英語原文では「African-American」という言葉を多用していたのだけれど、これは差別用語ではないのかなぁ。詳しい人おられるかしら。)
[PR]
by fastska | 2004-07-29 11:49 | 映画エイガえいが
かいしゃはなにをするところぞ
 スローライフという言葉がもてはやされて、「会社が終わればゆっくりディナーで土日は家族とエンジョイ」的な風潮がなんだかいやなのであります。その、いつから仕事というものはそれ自体が楽しみであることを忘れられあくまでもお金を稼ぐ手段でしかなくなってしまったのかっ。日経新聞の一面連載「働くということ」に出るような生き生きとしたビジネスマンがなぜまだ少数派なのか。

 思えばその職業に就いているとおりの仕事をして楽しんでいる人がどれだけいるだろうか。

 営業は工場(メーカー)や上司との調整に追われ、資材・購買は社内説得のみに必死になり、経理は不透明な処理を誤魔化すことだけに必死になり、設計部隊がお客のところに行き仕様を決めニーズを掘り起こす、そして実際の設計は子会社に投げている---

 これがどう見ても実態ではないのか。いったいどれだけの人が「仕事内容」通りの仕事をしていると言えるだろう。

 ぼくの主張はかんたんで、「どの会社員もベンチャー企業並みに必死に考え行動すればそれ以上儲かることはない」ということ。今やっていることがどれだけ経費の無駄遣いかを自覚するだけでおそらく景色は変わる。そこが仕事の楽しみの出発点ではないかと思うのです。

 先日またしても会員費だけを搾取し、ロクな利益活動もしない「任意団体」からの誘いがきた。これほどインターネットが発達している現在、親睦団体の会員管理費などゼロに近い。ここにも死骸が横たわっている。
[PR]
by fastska | 2004-07-29 11:27 | 青春記・旅・思想
ここ5日の出来事
パチンコで関東に来て初めて勝つ。
いやな汗が出る。
東京で歩くたびにサラ金屋のティッシュをもらう。
アコム社員の年収は某都市銀行よりいいのだとか。
現場のオヤジとパチンコの話で盛り上がる。
ジュース代は一日480円。
とにかく暑い。
ビールを飲む。
ヴァタイユの本を買う。
渋谷のパチンコに行こうとしたらインタビューを受ける。
「プロ野球1リーグ制についてどう思いますか」
「今は何リーグなんですか?」
7月までしか住まない寮に本がたまる。
どうしよう。
給料が振り込まれる。
ジャーナリストの集まりで「仕事のキャパを広げるには」につき一言いえ、と言われる。
焦る。
東京三菱にお金をおろしに行く。
並びすぎ。
コンビニで105円払って引き落とした。
気持ちがいい。
キャッシュカードが使えない。
前の勤務場所のカードだったのでもう使用権限なし。
二つに切り裂き送付する。
韓国マッサージにしつこく勧誘される。
飲み屋に入る。
店長は1週間前に引っ越してきたばかり。
帰り道を聞いたが「わからないんですーぅ」ばかり。
タクシーに乗る。
パチンコに負ける。
前の勝ち金を喪失しないうちに全部本を買う。
12冊。
もって帰るのが大変。
松屋の豚丼は食べあきた。
約束していた取引先の人との飲み会がドタキャン。
パチンコに負ける。
隣のオヤジから「この台は当たりたがってるなぁ」といわれる。
「当たりたがってる」ってなんだ。
そんなことは、ない。
確率の問題だ。
めざましテレビの「今日の運勢」今日も最悪。

もうこの辺で

許して、

ください。
[PR]
by fastska | 2004-07-23 17:27 | ここ最近の出来事
隣は何を読む人ぞ
 以前コンサルティングファームの経営戦略講座に参加していたときの宿題読書量は週に5冊だった。これは土日以外は一日一冊読まないといけないという計算になる。

 参加者はえらく大変そうだったけれど、まだまだアメリカあたりのMBAを取得しに行った人はもっと大変なんだろうと思う。授業1回ごとに分厚い文献を読み、その後ディスカッション。矢のような質問が飛び、話さなければ単位はもらえない。そしてくだらないことを話してしまうと「その時間の授業料を返せ」と他の受講者から責められる(いずれもMBA取得者から聞いた話)。そして授業の最後には学生と先生が飲み明かし、明日の大金持ちを目指して語り合う。先生はこういう。

 「あんなの子供だましだ!」と。「本など焼き捨ててしまえ!」と。

 実際学生の多くは終わったことからの開放感と達成感で本を割き放り投げてしまう。ここから学べることは、実際のビジネスの手法というよりも多量の情報をインプットしアウトプットしていくという「回数による慣れ」だろう、と思う。そうでなければ過去の成功例をあれほどたくさん詰め込まれる理由などない。

 振り返って、今学生の読書に対する最大の問題は「読むスピードの遅さ」だと思う。読書離れを嘆くのは止せ。ブログをはじめネット上のどこにでも「文章」があふれているではないか。単に出版不況は「出版社」不況に過ぎぬ。で、読む速さは、ぼくは自分で結構早いと思っているのだけれど、みなの遅さときたら!あれはもう文化的な営みではなくスポーツだと思ったほうがいい。スピードスピードを。

 ところでこの前から英書を読む必要がありトライしているが、10ページ読むのに1時間ほどかかってしまう。少し大変で息抜きに読んだ中谷彰宏氏の著作は30分もかからず読破してしまった。この絶望的な差はどうしようともしがたい。文化理解の差の原因はここらへんにあるのではないか。
[PR]
by fastska | 2004-07-23 17:04 | 青春記・旅・思想
セックス
 セックスがすきなんだけれど、なんというか、その、「抱きたいよぉ」で始まって「I HOLD YOU TONIGHT」で終わるような、なんかその達成感というかそれ、それ、が相手の反応にかかっているような気がしていて、やっぱりセックスが好きだというとき、相手があんまりだったり、声が出なかったりすると、なんいうかとてもいやだったりするわけで、そういう意味で今の彼女とずっと付き合っているのも、それだけじゃないにせよ、反応がとてもいいという事実にあるんだけれど、別にそれはあえぎ声がデカかったりするってことだけじゃないわけであるし、昔、ペニスのさきっちょが膨れているのは、液をだしたときに勢いで女性から抜けてしまわないようになっているのです、と聞いたときに、「だったら今のような快楽だけのセックスが横行しているんであれば男性のペニスもそれに応じてまっすぐに進化してもよさそうなものだ、と思ったのだけれど、確かにAVで見る男性のペニスはまっすぐロケットみたいに「かさ」が無いようになっていて「これはこれで進化系なのだなぁ」と思ったりもしているんだけれど、風俗で働いておられる女性はどう思われるでしょうかと疑問に持ちながら、もう一個よく聞く「男性は子孫を増やしたい願望にかられているんだ」っていうのは明らかに嘘と思うのは、あれだけの男性が「妊娠しちゃった」という彼女(あるいは彼女ではない女性)の一言に大変ビビっているという現状であって、これだけからも「男性は子孫を増やしたい願望にかられているんだ」っていうのは証明できないけれど、結局のところ男性は幻想の女性を抱いているのだなぁといった上野千鶴子東京大学教授の言葉は本当だと思うし、じゃなければ「いつでもセックスできるはず」の奥様を持つ男性があれだけオナニーしていることも説明できないのではないかと思っていたらオナニー研究家の金塚貞文さんが「オナニスト宣言」で書いている内容を読むとそれどころではないらしくて、オナニーとは結局のところ現代資本主義が生み出した快楽装置の最終系であるようで、資本主義が「個人の快楽」を突き進め突き進め行き着いた先がオナニーで、そこには他者の入り込む隙間のないほどに自己完結しているのだとのことで、このままいくと「奥様」とかはたまた「風俗」とか「援助交際(古い)」もオナニーの前に死んでいくしかなさそうであるけれど、もっとも驚いたのはこの本を出しているのが思想哲学の老舗である青弓社というカタい出版社であったことでした。
[PR]
by fastska | 2004-07-21 18:53 | 性セイせい
何ノ為ニ働クカ
 朝9時から夕方の17時まで働く形態などたかだか200年の歴史を持つに過ぎない。だから、たかだかその200年分の数%を働いているだけの人間の発見した教訓など信じてはいけない。偉い経営者の名言とか、オヤジの説教とか。

 と言った瞬間に迷いが生じる。

 「信じるな」という命令がすでにひとつの教訓を語ったことになりはしないか。ああ、なんだかカント的な問題になってきたなぁ。いや、どちらかというとウィトゲンシュタインか。

 が、ひとつのことだけはいえる。自分のやっていることが「もしかするとばからしいかもしれない」と思えない人間は哀れである。というかばかに見える。地球保護のために電気自動車を勧める動きも、その背後に原子力発電所の増設や、火力発電所からでる莫大なCO2を考えれば、その勧めがもしかすると「ひとつの施策」にすぎぬかも知れぬと思い当たる。

 原理主義者は、どこかひねくれた者には似合わない。ひとつの論理からすべてを導き出せると考える純粋なまっすぐ君には似合う。

 それはカルト宗教にはまる嗜好も同じだろう、と思う。
[PR]
by fastska | 2004-07-20 17:25 | 青春記・旅・思想
ぼくのバンド人生
繰り返しの終着点 そして 繰り返しの出発点

小学生のころRCサクセションにあこがれる。
中学のころキングクリムゾンにあこがれる。
エイドリアンブリューの使っていたようなフェンダーを買う。
そのころはフェンダーという名前を知らなかった。
あとから見たら、フェンダーではなかった。
ニセモノだった。
3万円だったのであきらめる。
イングヴェイにあこがれる。
体育のように速弾の練習。
ギターをスキャロップにしたかった。
お金がなかった。
12フレット以降を彫刻刀で削る。
笑われる。
高校に入学する。
ジャパニーズインディーズにはまる。
ライブハウスに初めて行く。
あのころは怖かった。
テロライザーのTシャツを着ていたら、恐いお兄さんに笑って話しかけられる。
でもテロライザーは実は聴いたことがなかった。
話についていけなかった。
テロライザーを買う。
はまる。
グラインドコアに傾倒する。
そのころの通学はグラインドコアとファストコア。
友達から「聴かせて」と言われる。
聴かせる。
「曲の違いがわからん」と言われる。
「おれもわからん」と答える。
偶然福岡のCDショップでボアダムズの「オナニー・ボム・ミーツ・ザ・セックス・ピストルズ」を見つける。
ノイズにはまる。
非常階段の放尿ライブをビデオで見る。
あと5年早く生まれていれば現場で見れたのに、と本気で後悔する。
ゲロゲリゲゲゲにあこがれる。
マゾンナやメルツバウ、インキャパシタンツを聴く。
ノイズ好きの2人とバンドを組む。
SOS(最近オナニーしすぎ)と名づける。
SOBのロゴをパクった。
練習はいかにノイズを出すか。
つまらないので、ドラえもんの本でギターを弾いた。
ライブをする。
ステージで習字をする。
あまりにしょうもないので、いろいろな人の目にとまる。
イベンターの人から「君たちはすごいぞ」といわれる。
次々とライブが決定。
FORCEやUNITEDとライブができて大感激。
ゾイドを壊す。
全国高校生バンド大会に応募。
デモテープ時点で落ちる。
落選状をライブの広告に載せる。
芸術はいつも理解されない、と自己解決。
デモテープを作成。
なぜか売れた。
大阪のレコード屋に送ったら20本も置いてくれた。
でもバックマージンは届かなかった。
受験勉強しながら山塚アイのデモテープで休憩。
学園祭に出演。
見事なほどにウケなかった。
速弾したらウケた。
次の日からギターのせんせい。
元SOBのナオトさんのバンドと一緒にライブする。
SOSのロゴを見て怒られるかと思った。
でも本人は大笑い。
安心した。
受験勉強しながらRFDのCDで休憩。
高校を卒業する。
そのときにレーベル「殺害塩化ビニール」のオムニバスCDに収録される。
続いてレーベル「史上最悪くそ」オムニバスCDに収録される。
友達に自慢。
自慢にならなかった。
大学に入る。

大学に入ってから、和くんとのCH809についても

書こうと思ったのですが、

やはり今日はこの辺で、

許して

ください。
[PR]
by fastska | 2004-07-19 17:40 | 音楽オンガクおんがく
ここ2日の出来事
本「AV女優」を読破。
本「知のソフトウェア」を読破。
両方ともいまいちだ。
昼からビールを飲む。
とにかく暑い。
今、埼玉。
楽器屋に行く。
いいギターがない。
下手な人が試奏。
しかもデブだった。
たぶんモテない。
会社の人からドライブに連れて行ってもらう。
地名は全く分からない。
ちゃんぽんを食べる。
本屋に行く。
サイゾーがない。
エスカレーターに乗る。
前の女子高生がスカートをカバンで隠す。
見たくもない。
ラーメンを食べる。
いまいち。
古本屋で「良寛全集」を発見。
迷ったが買わない。
昔の取引先の方から留守電。
「暑中見舞いです」とのこと。
うれしくなる。
ビールを飲む。
女子高生の化粧が濃い。
パチンコに負ける。
ギター侍に笑う。
長井秀和のチケットを買おうとする。
でも売り切れ。
母親から手紙が届く。
彼女と24日の東京旅行の打ち合わせ。
最近はあまり泣かない。

もうこの辺で、

許して

ください。
[PR]
by fastska | 2004-07-18 15:20 | ここ最近の出来事