緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
すごくないのに「すごい人」と呼ばれる人
自分の経験から。通常であれば、「4ヶ月かかるだろう」と言われていた書籍の執筆を、「いや、200ページなら1ヵ月半でしょう」と宣言し、本当にその通り送付したら編集者に驚かれた。子供の頃、「これを覚えろ」と言われたことを、全て覚えていったらテストで満点になり、それを続けるうちに「頭がいいな」と言われた。大学生の1年生のとき、大学院に行こうと思って教授に相談し、「読んだ本のレポートを出しなさい」と言われ、出し続けていたら、「そんなことができるなら大学院に行く必要はない」と言われた。社会人になったとき、「仕事の基礎」がなんなのかを教えられ、必死に1年で全て覚えて一人で仕事をこなしていたら「仕事ができる奴だな」と言われた。

思うに、世間で言われる「すごい奴」とはこの程度をやっているにすぎない。「こういうことやんなきゃね」と一般的に言われていることを単にやっているだけなのだ。これが「すごい」とは、すごさも甘く見られたものである。

ぼくの見た本当に「すごい人」とは、そんなんじゃない。普通の人間に見えて、会話の端々に出てくる、あまりにも些細な一言の切れ具合が恐ろしい。どうやってそんな言葉を拾ってきたのだろう、しかも無意識に、と驚愕させられる。その分析能力にも通常の人は気付くことはないけれど、深く、そして本質をえぐっている。それはまさに、その人の蓄積的人生をかけた営みの果てにしかありえないものだ。でも、それをさらっとやる。しかも何回も。ああ、そういう人に会ったときの恐さといったら。

語り口は優しいものの、その一言一言が自分を試しているような、そんな逆説に満ちている。「お前が通ってきた道はどんなものだ。それは、俺のこれまでの人生に勝っているのか」という問いを投げかけられているような、そんな圧倒さを持っている。

分かる人いますかね。
[PR]
by fastska | 2007-03-18 22:37 | 青春記・旅・思想
<< ぼくらの共通喪失物語
感情裁判国家の華やかなる幕開け >>