緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
仕事と代替性のなさ~自分を批判する
朝アメリカから電話がかかってくる。もし電車の中でかかってきていたら相当イヤな奴だろう。いや、理由はわからないけれど、朝っぱらから英語で何か話している奴がいたらイヤミっぽい。

そんなことはどうでもよかった。電話がかかってきて仕事の話を簡単に済ませる。本来ならば、ぼくに直接かかってくる種類の話ではない(つまり、普通は上を通してかかってくるだろう、ということ)。

ぼくがこれまで心がけてきたこと「絶対いわない言葉」は次の通りだ。

・私では判断しかねるので上を通して下さいませんか
・忙しいので、できません
・それは私の仕事ではありません

そうこうしていると、誰でもぼくに電話をかけてくる。これは本当によいことだ。周りからは「やめとけよ」といわれることもあるけれど、ぼくは愉しんでやっている。というか、これまで本当に「忙しい」と思ったことがない。いや、「ああたくさんやることがあるな」と思うことはたくさんあるけれど、本当の意味で「忙しくて練る暇も無い」ということがない。

しかし、最近支障をきたすことがある。

(1)ヒマそうにしている、とそのままの意味で捉えてしまう人が出てきた
(2)一人で勝手に決めすぎるという批判が出てきた
(3)下の人にスキルがたまってゆかない

(1)は「忙しい」と言わないので、それはよいのだけれど、「あいつはヒマだ」とそのままの意味でとらえちゃう人がいる。これは、ぼくの本来狙っていた方向と微妙に違うのでややこしい。しかし、これはしかたないか。

(2)は、会議とかで決めた方がよいということなのだろう。たとえ結論が全く一緒でも。いや、会議で決定しても、ぼくが単独で決めた場合と絶対に同じ結論になる。ほとんどの人は、強い意志を持っておらず、その場合は一人の意思に簡単に負けてしまうからだ。とはいえぼくは最近、徐々に日本式を受け入れている。それが文化ともいえるべきものだし、あまり自分に不利なことばかりやっても仕方がない。

(3)は最大の問題である。人は代替性のなさが生きがいの本質である。自分しか頼られる存在がいない、ということは最も誇らしいことで手放したくない状況だ。だから--、人は過去の実績に常に懐疑的であらねばならない。それを自分で実践することはいかに難しいか。

とここで記憶はまたアメリカで見た空に戻る。
空をゆっくりと見上げるなんてどれくらいぶりだろう。
星は寒さで、どこかに隠れている。
月は汚れた顔を恥かしげもなく、どこかの悪童のようにさらしている。

人間の複雑さと果てのない深さ。
これからもぼくは自分を否定し続けることができるだろうか。
否定の後に、次への新たな自己を築き続けることができるだろうか。

やる気、は人間の本質とは関係がない。
やる気がなくても行動さえすればいい。結果がついてくる。
こういうことは経験的に知っている。

ただ、ひとつだけ分かっていることがある。
何も知らなかったころ。仕事を始めて覚えたり、社会人という名の儀式を覚えていたころ。
そこに戻れることは、もうない。
[PR]
by fastska | 2007-02-10 08:19 | 青春記・旅・思想
<< 世界一の金持ちになってみろ!!...
そして使い捨てられる君たちよ~... >>