緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
黒人を批判する~映画「8 Mile」
 エミネムというどこまでも可憐なラッパーについて知らない人はどれほどだろうか。いまさらながら、映画「8 Mile」を見た。

 この映画の主題は、エミネムの自伝録ではない。きっと、多くの人はエミネムがスターダムにのし上がったメモリアルとして見るのだろうけれど、そうじゃないんでないか。

 ここで書かれたのは、倒錯した現実ではないか。それにはちょっと説明が必要だ。

 舞台は1995年のデトロイト。そこは中産階級の白人が多く住む郊外とは“8マイルロード”で分断されている。貧困層が多数を占める都市中心部での物語だ。

 白人はことあるごとに「お前らは8マイル先にいっちまえ」と黒人から罵られる。つまりそこは黒人の「ならず者(いやだなぁこの表現)」が住むところであり、部外者は消えてしまえというわけだ。

 エミネムは「ジミー」として、ここで最低の生活を送っている。無職の母と幼い妹の3人でトレイラー・ハウスに暮らしていた。しかも母親にはヒモの男までいる。ジミーは昼間プレス工場で働き、夜はヒップホップ・クラブ“シェルター”で毎週行われるラップ・バトルでの優勝を目指し、プロで成功することを夢見ていた。

 それ以降は、映画を見ていただくとする。

 ぼくは、この映画の主題は「倒錯した現実」と書いた。それはどういうことか。

 この映画を見ながら強く感じた。「ところでラップって何だっけ?」。

 いや、別に辞書的な定義を知りたいわけじゃない。ライムの歴史とヒップホップやら、そんな言葉を知りたいわけじゃない。ただ言えるのは、当初ラップというのは、黒人哀歌と同じものだ。貧困で、世の中の底辺で苦しんでいる黒人が、その悲哀を社会に訴えるための手段としてラップ(ライム)でPOPさも交えながら発してきた。

 だけど、現実はどうだ?女に囲まれて酒を飲む黒人ラッパーたち。車を乗り回し、ブランドを身に付けた黒人ラッパーたち。

 もちろん、黒人の一部層がまだ貧困にあえいでいることは知っている。だけど、今では一部の白人層が黒人同等以下の扱いを受けていることも事実なのだ。

 ぼくは思った。黒人が育ててきたライムを、その精神を、受け継ぐ者は白人しかいないのではないか。そこに大きな倒錯がある。黒人が皮肉を込めて打倒すべき存在として表現してきた白人たち。しかし今や、その打倒すべき存在こそが、大きな歴史を引き継ぐ偉大な後継者なのだ。

 だれか、日本の侍精神を引き継げる外国人を見つけてこい。
[PR]
by fastska | 2006-03-20 09:06 | 映画エイガえいが
<< フランスの若者雇用策抗議デモを...
常識を批判する~世の中は反作用... >>