緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
金持ちになる!!~どこか、遠く行きたい~
 最近気が付いた事がある。本当のお金持ちと、見せかけのお金持ちということだ。今お金持ちのアイコンと言ったら、誰だろうか?IT企業の創業者だろう。あるいはデイトレーダーかもしれない。そして昔から、みんなが持っているイメージは会社の社長である。

 最近、多くの雑誌が取材しているように、会社の社長と言うのは大企業であればあるほど給料は高くない。もちろん、中小企業と大企業比べたら、大企業の社長の方が給料が高いのは認める。たけれど大企業の社長と言ってもせいぜいもらっているのは、1年間に5000万円ほどだ。その裏に、個人経営で爆発的に儲かっている人たちがいる。考えてみれば不思議なことだが、3万人の大企業取り仕切って社長よりも、5人ほどで回しているコンサルティング会社の社長が8000万もらっていることなどざらにある。

従って個人経営の方が儲かるのだといいたいわけでは決してない。99%人たちとっては、毎月決まった日に給料がでるというシステムは何にとっても替え難い。それは前提だ。

 ぼくが最近見つけたという法則はこのようなことだ。本当のお金持ちはみすぼらしい格好している。みすぼらしいと言い過ぎた。質素な格好している。ブランドもアルマーニなどは着ない。自分が選んだ、しっかりしたものを着ている。オーダーメイドとか、あるいは、有名ではないが、高価なものを着ている。お金持ちにには、2通りあるのではないかと思った。

 下流社会という言葉がある。自分の年齢×10倍以下の収入の人たちが下流社会の構成員と言われているようだ。年齢に応じて給料が上がるという発想の人たちは、年収が劇的に上がることや、年収が劇的に下がることなど想像することすらできない。しかし年々、足し算的に収入が上がるのではなく、かけ算で上がることもあり得る。そういうことがあり得るのは、起業するか、株価とにらめっこをする毎日を送るしかない。

 加えて第3の道は、週末起業というものだ。副業として、第二の職業を選択するということだ。リスク回避という言葉がよく使われる。株価でもポートフォリオ理論というは正にこのことだ。もしそうであるならば、起業して一つの収入源しかなくなることや、あるいは逆に一つの会社で働き続けることも、危険な選択肢と言わざるを得ない。現状はそうであっても構わない。ただ少なくとも選択肢を広げる努力するべきではないか。そしてその果てに、質素な金持になる努力するべきではないか。

 20代のぼくらから、それは遠い世界にあるように思うかもしれない。確かに遠い。たけれそこに歩いて行かなければならない。そう思う。

僕はそして歩いていこうと思う。誰か、よろしく。
[PR]
by fastska | 2006-01-15 23:06 | 青春記・旅・思想
<< 木を切れ!!
21世紀のスピードキング >>