緊急事態!!色々なことを書き散らしているようで、そうではなかったり。不思議でワイセツで知的な刺激を。
by fastska
カテゴリ
全体
サイバースペース
性セイせい
音楽オンガクおんがく
映画エイガえいが
青春記・旅・思想
ここ最近の出来事
ぼくの高校時代
未分類
メモ帳
著者説明:(けっこう)有名な企業で仕事やっているけれど、片手間でライターもやっている。ファッションと旅行以外ならだいたい書ける。お仕事、感想、批判、誹謗中傷やらなんやらがあれば、ここまで。

earthcream2000@
yahoo.co.jp

(山塚あて)
*すみません、昨年からずっと最近メールが1万通きていて、見切れていません。メール返信必要な場合はblogに書き込んでいただけると幸いです。

リンク

じんせいをかえる会
世界一のバイヤーになってみろ!!
Honey Pieだいせんせい
人生という名の終りなき回廊
mixi
アは青木泰山のア!
帰ってきたおさかな日記
戦うカタツムリの主張
フォロー中のブログ
web-log nost...
ジーンズリメイクCoCo...
終了
悩めるおぢさんの戯れ言
試論Records
酒と猫の日々
The Elements...
万理の頂上 - Ab ...
ピンクのmiracle
Rhymes Of An...
北野洋品店 跡地
ゼファーガーデン(the...
最新のトラックバック
concrete bar..
from concrete barri..
bulova marin..
from bulova marine ..
kicker littl..
from kicker little ..
anza borrego..
from anza borrego s..
1 liner jokes
from 1 liner jokes
model teen s..
from model teen ser..
lexus suv
from lexus suv
hot wire
from hot wire
cake photo w..
from cake photo wed..
science and ..
from science and te..
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊ブログ王もよろしく
全てのクリエイターへ~やりつくされた時代に
a0022864_7152044.jpg 「全てがやりつくされた」と聞いた。

 音楽の分野でそう語っている人を何人も見たことがある。演劇の分野でもそう語っている人を何人も見たことがある。アートの分野でもそう語っている人を何人も見たことがある。

 なるほど、音楽で言えば、ビートルズのロックから、極限音楽としてのグラインドコア、そして適当に楽器を演奏してスカムというジャンルまで存在しては、その後の世代としては「もうアイデアは全て出尽くした。もはやそれらの組み合わせでしか新たなジャンルは創れない」と言ってしまう理由も良く分かる。

 しかし本当にそうだろうか。
・以前ジョンケージは、2曲を同時に演奏するという破天荒なアイディアによって、曲は分離していなければいけないという概念を鮮やかに壊した
・寺山修司は演劇のチケットを買いに来た人々をトラックで誘拐し、恐山まで連れて行き、チッケトを買うという行為を演劇化した
・ボリスヴィアンは「北京の秋」においてプロットと主人公の心情を完全に無関係にすることによって新たな小説の概念を作ってしまった。ちなみに「北京の秋」とは、北京とも秋とも関係ないので、そうタイトル付けしたそうだ

 本当はもっともっとアートとは自由なものだったはずだ。偉人たちは全て、その概念を逆手にとって新たな世界を切り開いてきた。それはむろん自分に突き刺さるかも知れぬくらいの大きな刃であったにもかかわらず。

 上記例はアバンギャルドをすすめるものではない。またアバンギャルドしか時代を切り開けぬという断定でもない。

 今必要なのは、「全ての終わり」論を信じるでなく、一つ一つのアイディアを愚直に試し新たな世界を見ようとする、どこまでも「子供」な視線なのだ。
[PR]
by fastska | 2004-12-18 07:24 | 音楽オンガクおんがく
<< デジタルとぼくらの音楽の将来
ここ最近の出来事ではないが、考... >>